頭の臭い シャンプー

シャンプーの前後が頭皮の臭いを防ぐのに肝心

 

 

頭皮の臭いが気になるのであれば、自分がシャンプーの前後にしていることを見直してみましょう。頻繁にシャンプーをしているのに、頭皮の臭いが気になるのであれば、正しくないやり方をしている可能性があります。

 

その場合、そのやり方を変えるだけでも、頭皮の臭いが抑えられるでしょう。

 

例えば、シャンプーをする前に、お湯でしっかりと頭髪の汚れを流し落としているでしょうか。

 

頭皮のとくに汚れていたりする場合、シャンプー剤をつける前に、お湯で頭皮の汚れをしっかりと流しておかないと、シャンプーをしても頭皮の汚れをきちんと落とせないことがあります。そうなると落とせなかった汚れが、頭皮の臭いの原因となってしまいます。

 

シャンプー前に頭髪をお湯で流す時には、5分程度の時間をかけて流せば、頭皮の汚れの半分を落とすことができるでしょう。

 

この時、お湯の温度が低すぎると汚れが落ちにくくなってしまいますし、高すぎると頭皮を傷つけてしまいますから、お湯の温度は40度前後が適温です。

 

また、シャンプーをした後に、髪や頭皮を生乾きのままにしていると、それが頭皮の臭いの原因になってしまう可能性があります。

 

髪や頭皮を生乾きのままにしておくと、頭皮まわりの湿度が高くなったことで雑菌が繁殖しやすくなるからです。

 

ですから、頭皮の臭いを防ぎたいのであれば、シャンプー後はタオルドライだけではなく、ドライヤーを使って、髪だけではなく頭皮も乾かすようにしましょう。
ただ、ドライヤーを使って乾かす時も温度が高過ぎたり、同じ場所にずっと熱風を当てていたら、髪や頭皮が傷つきますから気を付けましょう。


このページの先頭へ戻る